プリント基板設計・シミュレーション

ホームTOP課題解決機構3Dプリンタを利用した開発支援ツール

機構3Dプリンタを利用した開発支援ツール

  機構開発支援ツールとして3Dプリンタを導入しました。

課 題
  • 画面の中だけで想像していた
  • 試作を作るための正確な時間が読めない
  • 試作を協力メーカーに依頼する際、2週間~4週間の時間を要した
  • 外注費によって、大きな試作コストがかかっていた
ここが
変わった
  • 手に取って実物で確認できることが、品質向上へと繋がる
  • 1週間程度で確認したい部分が形にできるので、試作にかけていた時間を短縮できる
  • 材料費とそれを扱う社内工数のみで作成ができ、試作にかかるコストが削減できる

弊社保有のLFS方式3Dプリンターはこの様な方にお勧め

  • 樹脂ケース、樹脂パーツなどの試作品を手に取って確認したい
  • 製品のモックアップをすぐ確認したい
  • 固定台、取付治具の作成が必要
  • PDCAのプロセスを早く回し、開発スピードを上げたい
  • 複雑な形状を再現化し、試作設計・製造費を抑えていきたい
  • 幅335mm、奥行200mm、高さ300mmまでの造形サイズが必要

構造形大型3Dプリンタ
Form3L(formlabs)

材料:スタンダードレジンGray
         ABS樹脂ライク ※2次硬化時

複雑な形状の確認など、試作開発のみ対応いたします。

完成系に近い形で試作開発のご提供、認識のずれがなくなり、短納期・省コスト開発を実現。

基板を筐体内に搭載した際の、発熱量を実物で確認いただけます。

高品質に大型造形を実現。
積層ピッチ:50~200㎛
造形サイズ:最大(D×W×H)
200mm、335mm、300mm

※造形出力のみのサービスは行っておりません。
開発・基板設計の受託オプションとしてお受けいたします。

demo_img03.jpg

demo_img03.jpg

そのお悩み、
アポロ技研に話してみませんか?

アポロ技研でワンランク上の物創りへ!
そのお悩み、アポロ技研に話してみませんか?